広告

買って良かった。僕がゲーミングチェアを選んで、一ヶ月使って思ったこと。

暮らし

この記事は在宅ワーク環境で長時間パソコンで作業をする方、ゲーミングチェアが気になっている方向けのものです。約6分で読むことができます。

「長時間座っていると体のあちこちが痛くなってくる。よい椅子を購入して改善したいが、どんな椅子がいいのかよく分からないので、誰かの経験を参考したい」
「ゲーミングチェアを買ってみたいけど、安くないものだから失敗は嫌だ。どこかに参考になる情報はないか?」

様々な理由で、在宅のまま仕事をする流れになり、色んな問題が出てきていますよね。

僕は椅子に長時間座ることの問題が顕在化しました。

この問題を解消or軽減できないかと考え、ゲーミングチェアを購入、約一ヶ月ほど使ってみたので、今日に至るまでの過程や僕が個人的に感じていることを書いてみます。

この記事にはこんなことを書きました。

在宅ワーク環境で、長時間PC作業をする人間が、たくさん存在する椅子の中からゲーミングチェアの購入を決めて、一ヶ月ほど使った経験。

広告

何故、椅子が欲しかったのか?

僕が新しい椅子を欲しいと思った理由はとてもシンプルです。

長時間座っているとお尻が痛い!腰が痛い!首が痛い!

非常によく聞く悩みですよね。体に合わない椅子を使っていると、このような症状が簡単に起こるみたいです。

僕はこれまでこれらの症状とは無縁だったので、こいつらがどんなに厄介で、日常生活に支障をきたすものなのか分かっていませんでした。

腰が辛いです。

ゲーミングチェアを選んだ理由

腰痛や肩こりをネットで検索しても、最初にゲーミングチェアを買いなさい、とは出てきません。

何故、僕はゲーミングチェアを選ぶことに決めたのか?立派な理由があったわけでじゃないです。

先ず、僕は椅子メーカーのことを全く知りませんでした。そのため、情報を整理して、自分に合った椅子を選択できるようになるまでとても時間がかかる気がしたのです。

今、体が悲鳴を上げているのだから、すぐにでもよい椅子が欲しいのに、情報収集から始めてられないよ。

そう思って、選択に失敗しても諦めがつく価格帯の椅子をオンラインショップで探すことにしたのです。

そこで見つけたのがゲーミングチェアでした。

どんな目的で作られた椅子なのか説明を見てみると、長時間そこに座ってパソコン操作することに特化しているというようなことが書かれています。あぁこれだ、僕が欲しかったのはコレ。

そう思って、購入手続きを進めたのです。

購入から組立完了まで

購入手続きを済ませてから、4日で届きました。

「お届けは二週間後の予定です」とあったのにかなり早く届けてもらいました。

最初に驚いたのは箱の大きさです。組みあがっているわけでもないのに、玄関のドアにギリギリ入るサイズの丈夫な段ポールが届けられました。

大きいだけでなくとても重いので、一人で運ぶのは重労働でした。玄関先で箱から部品を取り出して、一つ一つ運び込めばよかったことに後で気づきました。

組み立てはそれほど難しいことはありませんが、椅子本体がそれなりの重量なので、非力な方は二人以上で組み立てることをおすすめします。

ちょっと脱線しますが、椅子メーカーのコクヨさんは椅子を届けたら、そのまま組み立てと調整までやってくれるそうです。僕が購入した椅子メーカーさんもやって欲しいなぁ。

組み立て作業は1時間以内に終えられましたが、自分の体に合わせた調整方法がよく分かりませんでした。正直に言うと、今も正しい合わせ方をしているのか自信がありません。取り扱い説明書や解説動画を見ても、よく分からずです。メーカーさん、大切な部分が疎かになっていますよ。

課題は解決できたのか

購入したゲーミングチェアに座ることで、僕の体に起こった不調が解決できたのか?

今のところ、お尻は痛くないですし、腰も痛くなりにくいです。「にくい」と書いたのは椅子を購入前に痛めた腰の痛みが若干慢性化しているので、収まったのか、やっぱり痛めているのか、まだ判断がつかないため。

使い始めは腰を後ろから押されるような違和感が続いて、腰が楽になるどころか痛みが増したような感覚でしたが、一週間ほどで体も慣れてきて、腰の痛みがひどくなることは無くなりました。

腰のクッション(ランバーサポート)はとても偉大なアイテムですね。首のサポートも同じで、頭の重さを預けるように座ると効果を感じます。

椅子の構造的に足を広げて座ったり、胡坐をかいたり、ラフな座り方には向いてません。そのような座り心地を求めている人には不向きだと思います。スポーツカー、スポーティーカーに座った経験がある方は想像しやすいと思いますが、要はバケットシートみたいなものなのです。

万人におススメできる椅子ではないですが、すっぽりと収まることに抵抗がなければいいと思います。体の不調もほぼ無くなりました。

この椅子で食事をとるとか、テレビを見る体験はまだなので、今後確認していこうと考えてます。

困りごとがないわけない

ゲーミングチェアで僕の課題が概ね解決したのか?

Yes

ですが、新しい問題が出てきました。

椅子一つ購入しただけですが、色々と不満な点やこだわりたい点があります。

ゲーミングチェアの生地はさらさらしているものの、座っていると、妙に汗をかくのです。今は2020年7月なので、10月ぐらいまで汗に悩まされるかもしれません。

ハーマンミラーやエルゴヒューマン等の高額な椅子はどれもメッシュ構造になっているので、それらがベストアンサーだとすれば、さらさらな生地を採用しても汗の問題は解決できないのでしょうね。

たま、生地の肌触りが硬いです。特に首の辺りは汗の問題もあり、痒みが出てくるので今のところタオルを巻いてしのいでいます。こちらも汗の問題を解決するためにはメッシュ構造でなければ難しそうです。

ひじ掛けが気になってきました。ゲーミングチェアの座り方や自分の体への合わせ方を調べていると、ひじ掛けを活用する、という記事がたくさん出てきました。

その記事にはひじ掛けが内側に稼働するものを選択して、キーボード操作時に腕を支えるとあるのですが、僕の購入したものはそうなっていません。ひじ掛けを活用すると、さらに良くなると書かれていると、気になってしまいますが、ひじ掛けってなかなか高価なので、悩んでしまいます。

ゲーミングチェアを自分の体に合わせたつもりになって座っていると、太ももに圧がかかってしまいます。何やら圧迫されているのです。試しに足置きを作って、足を高く上がるようにしてみると、太ももの圧迫は改善しましたた。

どうも、足置きが必要みたいなのですが、こちらもあまり安価ではなく、ネットで購入できるものを見ても、一年も使わず壊れそうなものばかりで、どうしたものか悩んでいます。

ゲーミングチェアを購入したことで、テーブルとイスと足元とモニタの高さがバラバラなのに気づきました。疲れにくい座り方をすると、モニタが若干下側に位置していたり、キーボードの位置が遠かったり、色々と気づきます。そして、これらの問題も椅子購入に合わせて改善したくなっているところです。

次にどんな椅子を選ぶ

今回のゲーミングチェアを経験して、次はどんな椅子を選ぼうと思っているのか、書いてみます。

まだ一ヶ月ほどの使用ですから、考え方は徐々に変わっていくかもしれませんし、同じことを考え続けるかもしれません。

次に購入する椅子としては、体が触れる部分はできるだけメッシュ構造になっているものを選びたいです。僕にとって汗の問題はかなりクリティカルでした。

次に、腰と首のサポートが必ずあるものを選びます。今回のゲーミングチェアでこれらのサポートの重要さに気づきました。体を預けるように座れば、長く座っていても体の調子を崩しにくいです。

優先度としては下がりますが、肘置きや足置きも調整できる環境を準備しておきたいですね。今回は足置きで問題が解消されたこともあって、あった方がいいアイテムだと認識しました。

まとめ

自宅で使う椅子が欲しいと思ってから、購入、組み立て、使ってみた効果と課題、今後はどうかんがえているのか、について書きました。

失敗しても構わないと覚悟して、ゲーミングチェアを購入したことで、自分が椅子に求めているもの、椅子が提供してくれる快適さに気づくことができたので、買い物としては大成功になった気がします。

僕と同じような体の悩みやデスク環境がある方、ゲーミングチェアが気になっている方の参考になれば嬉しいです。

広告

暮らし

Posted by Many